経済・マネジメントコース

経済・マネジメントコース

ホーム > コース紹介 > 経済・マネジメントコース

財務分析、データ分析、戦略的な考え方など、経済社会で活躍するために必要な能力を身につけます。

  • 経済社会の共通言語である経済学と経営学に加えて、法律・政治などと経済社会の関連を学べるカリキュラムを開設します。
  • 実践的な演習科目を用意し、地域企業の抱える課題の解決力や起業を通じた地域ニーズへの対応力を身につけます。
  • 学際的な履修プログラムを用意し、法律の経済分析、社会制度・政策設計など地域経済課題に対応できる力を身につけます。

養成する人材像

地域企業の経営力・競争力の強化に貢献できる人材

経済社会の共通言語である経済学と経営学を中心に、経済社会で活躍するために必要な能力を身につけさせるとともに、他のコースで開講されている関連分野の科目や多彩な実践科目も受講することを通じて、経済社会の課題解決と地域経済の持続的な発展に貢献できる人材を育成します。

教育内容

経済社会の共通言語を修得

  • 経済社会で必要とされる共通言語を修得します。
  • 経済学と経営学の専門的な知識を身につける他、論理的思考力を学び、広範囲に利用可能な課題解決力を身につけます。

経済的な課題への柔軟な解決力を養成

  • コース横断的教育など学際的教育を強化し、今日の経済的課題への柔軟な解決力を養成します。
  • 基礎から応用・発展へ進む学習効果の高い履修体系を用意します。
  • 経済学や経営学と関連の深い分野を学びやすいようなカリキュラムを開設して、現代の複雑な経済的課題を解決する力を身につけます。
  • 経済データの正しい解釈力や、数的な問題把握力を身につけます。

実践的能力を身につける

  • 多彩な実践科目を用意し,地域企業の課題の解決案を示すことができる実践的能力を身につけます。

専門的学力

理論的思考力と普遍的課題解決力を養う

経済社会の課題解決に対する考察力を養う

経済データに基づく分析力を身につける

企業活動を考察する力を養う

実践的演習科目(PBL)

企業課題解決型実践演習

地元企業の具体的な経営課題に対する解決策を学生が提案します。企業へのインタビューや統計調査を通じて『山形経済白書』を作成。

ビジネス創業実践実習

学生が起業を体験をすることにより、創業、市場調査、資金調達、財務分析等を実践的に学びます。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲