地域公共政策コース

地域公共政策コース

ホーム > コース紹介 > 地域公共政策コース

地域社会やコミュニティが抱える様々な課題を把握・分析して、その解決に取り組むための知識と技能を実践的に学びます。

  • 公共政策・地域政策に関する充実した科目群に加えて、コース横断的教育を強化し、地方創生・地域課題解決に資する人材育成に最も適した学びを提供します。
  • 地域社会を空間・コミュニティという視野から考えるための地理学、社会学を学ぶことにより、地域社会の課題を個別に取り上げ、調査・分析・政策提言という一連のプロセスをデザインできる人材を育てます。
  • 自治体やNPO等と協力した実践的な演習科目により、地域の活性化と持続的発展を可能にするための多面的な取組みを考え実行できる人材を育てます。

養成する人材像

地域特性に即した活性化策を創案・実践できる人材

地域社会やコミュニティが抱えるさまざまな課題を適切に捉え、実践的な活動を通じてその解決に取り組む人材を育成します。行政・企業・住民の枠を超えて活躍できる知識・能力を身につけた地方創生の担い手を育てます。

教育内容

地域課題の具体的課題解決に取り組む力を育成

  • 地域コミュニティ再生に係る学生の多様なニーズに対応し、公共政策・地域政策の視座から地域課題の具体的課題解決に取り組む力を育成します。
  • 法律学・政治学・経済学と並び、地理学・社会学分野の科目も含めた幅広いメニューを入門から応用まで用意し、政策立案のための能力を養います。

調査手法の知識との有機的連携

  • 社会科学系科目の体系的履修により修得した学問的基礎と調査手法に関する知識とを有機的に連携させ、実践科目の教育効果を高めます。これによって地域課題の的確な把握・分析に基づく解決策を導く実践力を養います。
  • 他コースとの領域横断的教育で、地方創生のための人材育成という教育目的に適う合理的なカリキュラムを構成。

地域の現場から/現場で学ぶ

  • 学生がグループワーク、実地調査等を体験することによって地方創生に関連する政策課題についての知識や技術を実践的に学びます。
  • 地域住民と協働した地域活性化プログラムの提案や、地域インバウンド観光に関するルート企画などを通じ、学生の課題解決力、創造力を育てます。

地方創生の先頭に立つための能力育成

  1. 地域の公共的課題を捉え直し、具体的な解決策を提言する力を養う
  2. 調査手法の知識との有機的連携(地域課題の的確な調査・分析)
  3. 効果的な公共政策の提言(PBLによる実践力の修得)

実践演習メニュー

公共政策・地域課題実践演習A

学生がグループワーク、実地調査等を体験することによって地方創生に関連する政策課題についての知識や技術を実践的に学びます。

公共政策・地域課題実践演習B

地域住民と協働した地域活性化プログラムの提案や、地域インバウンド観光に関するルート企画(人間文化コースと連携)などを通じ、学生の課題解決力、創造力を涵養します。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲