受験生のみなさま

受験生のみなさま

ホーム > 受験生のみなさま > キャリアプランニング

キャリアプランニング

就職支援・進路指導体制

 人文社会科学部は入学から卒業に至るまでの一貫したキャリア支援プログラムを学生に提供します。
 2年生からキャリア科目「キャリア・ガイダンス」などを通じて、職業観を養い、進路の具体化に向けた支援をします。また、民間企業への就職、教員、公務員についてのセミナーを開催しキャリア意識を啓発します。
 3,4年生に対しては実践型就職対策講座やビジネスマナー講座といった「就職支援プログラム」を軸に、就職に向けた実践的な知識や技術を提供します。また、就職相談等によって学生の悩みに答えていきます。
 こうした支援プログラムには、キャリアサポートセンターとアドバイザー教員が緊密な連絡をとり、一人ひとりの学生にきめ細やかな就職支援・進路指導をする体制を用意しています。

キャリア支援プログラム

キャリア支援

キャリア・ガイダンス
インターンシップ
など

2年次からキャリア科目「キャリア・ガイダンス」などを通じて職業観を養い、進路の具体化に向けた支援をします。また、民間企業への就職、公務員、教員についてのセミナーを開催し、キャリア意識を啓発します。

就職支援

実践型就職対策講座
面接トレーニング
ビジネスマナー
就職相談など

3,4年時には「就職支援プログラム」を軸に、ビジネスマナー講座といった実践的な知識や技術を提供。また、学生の悩みには就職相談等で答え、全学年を対象にOB・OGとつながる貴重な機会も提供しています。

公務員志望者に対して

公務員試験対策

1、2年次から公務員試験対策のセミナーを実施します。また、大学内では公務員試験対策講座を開講しています。

インターンシップ

 人文社会科学部では、授業科目のひとつとして、インターンシップ制度を導入しています。インターンシップとは、学生が官庁や民間企業といった研修先で実地に職務にあたり、社会体験をさせていただく制度です。これは、アルバイトではなく、大学教育の一環として行われるもので、全ての過程をやり遂げれば単位が認められます。約一週間の研修の間(研修先によって異なります)、インターンシップの研修生は、めまぐるしく忙しい「現場」に立たされることになります。
 志願者は事前に選考を受け、実地研修の前と後にレポートも書かなくてはなりませんから、インターンシップで単位を修得するのは、決して容易ではありません。しかし、インターンシップに参加した学生は、一様に「自分が確かに変わる、予想以上に充実した体験だった」とその成果を報告しています。

インターンシップ受入先企業

山形県、山形県議会、山形労働局、山形市、天童市、鶴岡市、酒田市、高畠町、山形創造NPO支援ネットワーク、国際ボランティアセンター山形、山形国際ドキュメンタリー映画祭実行委員会、朝日新聞山形総局、山形商工会議所、荘内銀行、鶴岡信用金庫、ホテルキャッスル、日東ベスト、山形放送、山形トヨタ自動車、山形パナソニックほか

卒業生からのメッセージ

人間文化学科 文化解釈学コース卒業(平成28年度)
株式会社七十七銀行 仙台市役所支店勤務

早坂遥さん

私の専攻は美術史でした。一見、今の職業と結びつけにくく思えるでしょう。しかし、芸術作品を通して、背後にある歴史文化を探る観察眼は、現在お客様と接する上で、形を変えて役に立っています。 山形大学は素晴らしい先生方が揃っています。ぜひ興味ある学問を追求してください。


法経政策学科 法律コース卒業(平成28年度)
アマノ株式会社 宇都宮支店勤務

橋本快さん

僕はパラグライダーや海外研修に挑戦しました。山形大学には様々なことに挑戦できる環境があります。現在は駐車場機器やタイムカード等のメーカーに勤めていますが、大学時代の友人や恩師とは今でも会う仲です。みなさんも山形大学で新たな経験と大切な仲間を探してみてください!


法経政策学科 公共政策コース卒業(平成28年度)
山形市役所 子育て推進部こども保育課主事

工藤千布さん

私は、山形大学で多様な学問を学ぶことや、尊敬できる先生方や仲間と出会うことができました。そして、それらの経験の中で自分の夢を見つけ、実現させることができました。山形大学は自分の可能性を広げてくれる場です。皆さんも、ぜひ山形大学で素敵な学生生活を送ってみませんか?


ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲