受験生のみなさま

受験生のみなさま

ホーム > 受験生のみなさま > アドミッション・ポリシー

人文社会科学部受入れ方針
(アドミッション・ポリシー)

 人文社会科学部は、人文科学・社会科学の全領域に及ぶ多彩な専任教員を擁する総合学部です。人間や社会に関して多岐にわたる教育研究が活発に行われ、教育力、研究力ともに高水準で充実した内容を誇っています。学生は徹底した少人数教育の中で鍛えられ、卒業後は全国で公務や教育の現場で、あるいはビジネスの第一線で活躍しています。
 人文社会科学部の求める学生像は以下のとおりです。

求める学生像(3つのC)

  • Challenge :人文社会科学の諸分野に対する強い関心と勉学への意欲を持っている人
  • Cooperation :多様な価値観を尊重し、協調性を持って、倫理的に行動できる人
  • Contribution :活力ある社会の実現に貢献する意欲を有する人

入学者選抜方法

人間文化コース

(1)一般入試(前期日程)

 高等学校卒業水準の基礎的学力及び応用的な言語運用能力を身につけた入学者を選抜するために、大学入試センター試験における国語・外国語・地理歴史・公民・数学・理科の教科・科目と小論文の個別学力検査を課し、基礎的学力と読解力・論理的思考力・記述力を評価します。

(2)一般入試(後期日程)

 高等学校卒業水準の基礎的学力及び応用的な言語運用能力を身につけた入学者を選抜するために、大学入試センター試験における国語・外国語・地理歴史・公民・数学・理科の教科・科目と外国語の個別学力検査を課し、基礎的学力と読解力・記述力を要する英語の学力を評価します。

(3)推薦入試Ⅰ

 人間とその文化的活動への強い関心と人文科学への勉学意欲を持っている入学者を選抜するために、書類審査と面接を課し、基礎的能力と人文科学に対する関心・問題意識等を総合的に評価します。

(4)私費外国人留学生入試

 人文科学と日本の社会・文化に強い関心と勉学意欲を持っている入学者を選抜するために、日本留学試験と面接を課し、基礎的学力および日本語運用能力と人文科学に対する関心・問題意識等を総合的に評価します。

グローバル・スタディーズコース

(1)一般入試(前期日程)

 高等学校卒業水準の学力を身につけた入学者を選抜するために、大学入試センター試験(国語・外国語・地理歴史・公民・数学・理科)そして個別学力検査(英語)を課します。高等学校で学ぶ教科・科目についての基礎的な知識並びに英語力を評価します。

(2)推薦入試Ⅰ

 グローバル・スタディーズコースで学ぶ明確な目的と意欲を持ち、在学中に優れた活動実績がある者、国際社会・異文化理解・外国語について深い関心がある者を選抜するために、書類審査(推薦書、調査書、志望理由書)及び面接を課します。志望理由書に基づく質疑応答を重視しつつ、書類審査と面接の結果を総合して評価します。

総合法律コース、地域公共政策コース、経済・マネジメントコース

(1)一般入試(前期日程)

 高等学校卒業水準の学力と社会科学を学ぶ上で必要となる学力を身に付けた人を選抜するため、大学入試センター試験(国語・外国語・地理歴史・公民・数学・理科)を課します。個別学力検査等では英語・数学のいずれかを課し、基礎的知識、論理的思考力、表現力を評価します。

(2)一般入試(後期日程)

 高等学校卒業水準の学力と社会科学を学ぶ上で必要となる学力を身に付けた人を選抜するため、大学入試センター試験(国語・外国語・地理歴史・公民・数学・理科)を課します。個別学力検査等では英語を課し、基礎的学力、論理的思考力、表現力を評価します。

(3)推薦入試Ⅰ

 それぞれのコースで学ぶ意欲、在学中の優れた成績・活動実績を有し、社会への深い関心を持った人を選抜するため、書類審査(推薦書、調査書、志望理由書、読書感想文)と面接を課します。協調性を持って倫理的に行動できるか、社会の発展に貢献する意欲があるかについても評価します。

(4)社会人入試

 調査書・志望理由書などの出願書類及び面接の結果を総合して合否を決定します。面接では、社会的関心と視野の広さなどを評価します。また、社会の発展に貢献する意欲も評価します。

(5)私費外国人留学生入試

 日本の社会に強い関心があり、社会科学を学ぶ意欲を持っている人を選抜するため、日本留学生試験と面接を課し、基礎的学力、日本語運用能力、社会科学に対する関心や問題意識等を総合的に評価します。

大学院社会文化システム研究科受入れ方針
(アドミッション・ポリシー)

文化システム専攻

概要・特色

 文化システム専攻では、人間の認知行動や世界の多様な文化現象を総合的なシステムとして研究することを目的としている。本専攻では、こうした研究を進めるために必要となる以下のような資質をもつ人を求めている。

求める学生像
  • 言語学、心理学、歴史学、哲学、文学など、人文科学の専門分野に関する基礎学力を有している人
  • 人間の思考・行動過程のメカニズムや世界の多様な文化現象に対して、旺盛な探求心を持つ人
  • 自分が身につけた専門的知識を、現代社会の文化的諸課題の解決に役立てたいと考えている人

社会システム専攻

概要・特色

 社会システム専攻では、公共システム、企業システム、国際システムの3つの社会システムに焦点をあてた研究を行う。こうした研究を進めるために、以下のような人材を求めている。

求める学生像
  • 法学、政治学、経済学、経営学など、社会科学の専門分野に関する基礎学力を有している人
  • 今日の多様な社会現象に対して、旺盛な探求心を持つ人
  • 自分が身につけた専門的知識を、地域社会や国際社会の抱える諸課題の解決に役立てたいと考えている人

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲