Agoraトピックス:イベント

Agoraトピックス:イベント

ホーム > Agoraトピックス:イベント一覧 > 平成28年度 山形大学公開講座[人文学部]『リスク社会と危機管理-法律・政治・行政の視点から-』を開催します。

イベント

平成28年度 山形大学公開講座[人文学部]『リスク社会と危機管理-法律・政治・行政の視点から-』を開催します。

2016年8月3日

 日本は、世界の防災関係者によって、「災害のショーウィンドウ」と呼ばれています。じっさい、自然災害に限っても、地震、津波、火山噴火、台風、集中豪雨、豪雪、地滑りなど、枚挙にいとまがありません。他方、日本は、高度に発展した工業技術社会に特有の、技術文明の成果がそのままリスクとなって跳ね返ってくる《リスク社会》(U.ベック)の典型であり、福島第1原発の事故処理はその収束の目途すら立っていません。さらに、国境を越えたパンデミックやテロリズムの脅威にも晒されており、その意味では二重、三重のリスクを背負った社会です。
 2011年3月11日の巨大災害の直後には、各種の対応策が検討され、その一部が実行に移されました。しかし、時がたつとともに、日本社会のリスクへの脆弱性とその脅威の記憶は薄れ、対応策もおざなりにされつつあります。
 本講座では、日本社会のこうした現状を鑑み、法制度と政治・行政の視点から、リスク脆弱型社会の現実と課題とを検討してゆきます。

 【日 時】平成28年9月20日(火)~10月18日(火)
      午後6時30分~8時10分
 【場 所】山形大学人文学部 講義室
 【対 象】一般市民・大学生・高校生 定員30名
 【受講料】一般2,000円 ※大学生・高校生無料
 【募集期間】平成28年8月19日(金)から9月15日(木)
 【お問合せ先】山形大学人文学部事務室
        電話:023-628-4203
        E-mail:jisoumu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲