教員紹介

教員紹介

ホーム > 教員紹介:全コース > 柴田 聡

教員紹介

柴田 聡

SHIBATA Satoshi

コース:経済・マネジメントコース
メールアドレス:sshibata@
ホームページ:
オフィスアワー:月曜日11:00-14:00
専門領域:経営学、マクロ組織論
大学院担当:社会システム専攻 企業経営論
山形大学研究者情報:http://yudb.kj.yamagata-u.ac.jp/html/100000654_ja.html

※メールアドレスの@以降は「human.kj.yamagata-u.ac.jp」になります。

研究テーマ

  • 組織能力の評価法開発 環境変化に対する企業行動の定量分析

論文

相談に応じられる分野

  • 経営学

インタビュー

 ― : 柴田先生の専門領域を教えてください
柴 田: 私は経営戦略論を専門としています。経営戦略は組織が持続的に成果を生むためにどのような企業行動を行うべきかを解明する学問です。
 ― : 具体的にどのような研究なのでしょうか
柴 田: 私は経営戦略の中でも特に組織能力の評価を研究の対象にして研究しています。組織の能力には様々な物がありますが、最も単純に定義すれば、ヒト,モノ,カネを企業に投入し成果へと結びつける際の効率性と定義できます。
 会社では同じ資源を投入しても能力が異なるため、パフォーマンスは企業ごとに大きく異なってきます。この異なるパフォーマンスを生み出す要因は何なのかを突き止めることを目指して定量的な手法などを用いて研究しています。
 ― : この研究に興味を持ったきっかけは何でしょうか?
柴 田: この研究に興味を持ったきっかけは、自分にとっては大差のない製品やサービスを提供している会社が一方で利益を上げ、一方で赤字となるといったニュースをみて不思議に思ったことです。その後、経営学を勉強していく中で、組織の能力が企業経営の中で重要であることを知り研究をするようになりました。
 ― : 最後に高校生に一言お願いします。
柴 田: 大学以降の勉強には正解が1つだけしか無いような問題はほとんどありません。1つの問題に対して様々な回答があります。皆さんはこれから様々な問題に直面し、問題の回答が求められると思います。
 大学での勉強は幅広い知識を提供し様々な観点からの回答を提示してくれます。これからの大学生活で幅広く勉強して、自分なりの回答をだし積極的に行動するよう頑張ってください。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲