教員紹介

教員紹介

ホーム > 教員紹介:人間文化コース > 坂井 正人

教員紹介

坂井 正人

SAKAI Masato

コース:人間文化コース
メールアドレス:sakai@
ホームページ:
オフィスアワー:木曜日14:40-16:10
専門領域:文化人類学、アンデス考古学
大学院担当:文化システム専攻 文化人類学
山形大学研究者情報:http://yudb.kj.yamagata-u.ac.jp/html/273_ja.html

※メールアドレスの@以降は「human.kj.yamagata-u.ac.jp」になります。

研究テーマ

  • (1)古代アンデス社会で成立した情報の統御システムとその生成プロセスについて,形成期からインカ期までの遺構および遺物を中心に分析(2)陸域観測技術衛星(ALOS)データに基づく、ナスカの地上絵の分布図作成と保全計画

論文

  • 景観の創造と神話・儀礼の創作:インカ帝国の首都クスコをめぐって,国立民族学博物館調査報告,(55) 49-63,2005年03月
    単著
  • 『Exposicion del Gran Inca Eterno』,Comision Organizadora de la Exposision del Gran Inca Eterno, ,2001年01月
    共著
  • 「ペルー北海岸における考古学遺跡の一般調査(1998、1999年)」,山形大学歴史・地理・人類学論集1, ,2000年03月
    共著
  • 『クントゥル・ワシ遺跡の発掘調査』平成10年度科学研究費補助金(国際学術研究)研究成果報告書,, ,2000年03月
    共著
  • 「ナスカの地上絵の謎をとく」,ニュートンプレス,『Newton』, Vol.19, No.1, ,1999年01月
    共著
  • 「古代ナスカにおける空間配置:観測所、山、祭祀センター、居住センター、地上絵」,野外民族博物館リトルワールド,リトルワールド研究報告』第13号, ,1996年12月
    共著
  • 「非巫病・継承型男性民間医療従事者と村落祭祀空間構造:鹿児島県大島郡徳之島町の事例により」,南島史学会,南島史学47号, ,1996年04月
    共著

著書

  • マヤとインカ:王権の成立と展開,同成社,2005年09月
  • フィールド・ワーク(ペルー),(1993,1994,1996,1997),,2001年01月
  • クントゥル・ワシ神殿の発掘:アンデス最古の黄金芸術,,2000年05月
  • クントゥル・ワシ遺跡の発掘調査,,1999年03月
  • Reyes, estrellas y cerros en Chimor: el proceso de cambio de la organizacion espacial y temporal en Chan Chan.,,1998年09月
  • 文明の創造力,,1998年03月
  • 精神のエクスペディシオン,,1997年10月
  • 世界の遺跡100,,1995年08月
  • 古代アンデス文明:クントゥル・ワシの黄金と神殿,,1994年01月

学外での活動(高大・地域連携等)

  • 「ナスカ地上絵と古代アンデス文明」(青森東高等学校・出張講義),2010年06月
  • 「世界遺産ナスカの地上絵と古代アンデス文明」(山形県立山形北高等学校・出張講義),2010年06月
  • 「ナスカ地上絵と先史アンデス文明」(北海道札幌旭丘高等学校・出張講義),2008年11月
  • 「ナスカ地上絵と先史アンデス文明」(秋田県立秋田中央高等学校・出張講義),2008年11月
  • 「ナスカ地上絵:どこまで解読されたのか?」(山形県立新庄北高等学校・出張講義),2008年10月

相談に応じられる分野

  • ペルー考古学・文化遺産・民族学

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲