Agoraトピックス:研究・連携・国際

Agoraトピックス:研究・連携・国際

ホーム > Agoraトピックス:研究・連携・国際一覧 > 国立民族学博物館と学術交流・協力に関する協定を締結

研究・連携・国際

国立民族学博物館と学術交流・協力に関する協定を締結

2018年2月16日

平成30年2月16日,国立民族学博物館と山形大学は,両機関が共同で,南米アンデス文明並びに文化遺産の保存と活用を中心的テーマとした幅広い視野に立った文化人類学的研究推進を目的とした学術交流・協力に関する協定を締結しました。
平成24年(2012年)以来,同博物館とは,人文社会科学部附属ナスカ研究所並びに関係教員によるアンデス文明研究に関して,シンポジウムやワークショップの共催など様々な形で連携関係にありましたが,今回の協定締結を機に,アンデス文明並びに文化人類学研究のさらなる発展・強化が期待されます。

大学の記事はこちらから

小山学長(左),吉田館長(右)

(左から)坂井ナスカ研究所副所長,清塚ナスカ研究所長,小山学長,吉田館長,関副館長

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲