ホーム

生産的労働概念の再検討

安田 均(著)

社会評論社:2016年5月

〔内容紹介〕

 重商主義批判の流れのなかで,新しい価値(付加価値)は,流通ではなく、労働によって生み出されるという考え,「生産的労働」という概念が発生しました。
 そのため、生産的労働は久しく価値形成労働の表象として、いわば表裏一体に捉えられてきました。しかし、価値を生まない労働には、商品を生産するけれども価値を生まない労働もあれば、家事労働のように商品を生まないから商品価値を生まない労働もあります。生産的労働概念と価値形成労働概念から切り離して再検討し、特別の訓練を要する複雑労働、家事労働など生活部面での商業化されていない労働など、旧来の典型的な賃金労働以外の労働の理論的位置づけを試みたのが本書です。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲