受験生のみなさま

受験生のみなさま

ホーム > 受験生のみなさま > アドミッション・ポリシー

人文社会科学部入学者の受入れ方針
(アドミッション・ポリシー)

 人文社会科学部は、人文科学・社会科学の全領域に及ぶ多彩な専任教員を擁する総合学部です。人間や社会に関して多岐にわたる教育研究が活発に行われ、教育力、研究力ともに高水準で充実した内容を誇っています。学生は徹底した少人数教育の中で鍛えられ、卒業後は全国で公務や教育の現場で、あるいはビジネスの第一線で活躍しています。
 人文社会科学部の求める学生像は以下のとおりです。

求める学生像(3つのC)

  • Challenge :人文社会科学の諸分野に対する強い関心と勉学への意欲を持っている人
  • Cooperation :多様な価値観を尊重し、協調性を持って、倫理的に行動できる人
  • Contribution :活力ある社会の実現に貢献する意欲を有する人

入学者選抜方法

人間文化コース

(1)一般選抜(前期日程)

 高等学校卒業水準の基礎的学力及び応用的な言語運用能力を身に付けた入学者を選抜するために、大学入学共通テストにおける国語,外国語,地理歴史,公民,数学,理科の教科・科目と国語の個別学力検査を課し、基礎的学力と読解力・論理的思考力・記述力を評価します。

(2)一般選抜(後期日程)

 高等学校卒業水準の基礎的学力及び応用的な言語運用能力を身に付けた入学者を選抜するために、大学入学共通テストにおける国語、外国語、地理歴史、公民、数学、理科の教科・科目と小論文の個別学力検査を課し、基礎的学力と学問への意欲,論理的記述力を評価します。

(3)学校推薦型選抜Ⅱ

 人文科学への勉学に強い意欲を持ち、それに深く関連する科目の基礎的学力を身に付けた入学者を選抜するために、大学入学共通テストにおける国語、外国語、地理歴史、公民の教科・科目と書類審査を課し、人文科学に対する関心・問題意識とそれに関連する基礎的学力等を総合的に評価します。

(4)私費外国人留学生入試

 人文科学と日本の社会・文化に強い関心と勉学意欲を持っている入学者を選抜するために、日本留学試験と面接(口頭試問を含みます。)を課し、基礎的学力及び日本語運用能力と人文科学に対する関心・問題意識等を総合的に評価します。

グローバル・スタディーズコース

(1)一般選抜(前期日程)

 高等学校卒業水準の学力を身に付けた入学者を選抜するために、大学入学共通テスト(国語、外国語、地理歴史、公民、数学、理科)そして個別学力検査(英語)を課します。高等学校で学ぶ教科・科目についての基礎的な知識並びに英語力を評価します。

(2)学校推薦型選抜Ⅰ

 グローバル・スタディーズコースで学ぶ明確な目的と意欲を持ち、在学中に優れた活動実績がある者を選抜するために、書類審査(推薦書、調査書、志望理由書)及び面接(プレゼンテーションを含みます。)を課し、国際社会・異文化理解・外国語に対する関心、基礎的能力、論理的思考力、表現力を総合的に評価します。

(3)学校推薦型選抜Ⅱ

 外国語を含む基礎的学力を総合的に評価するため、大学入学共通テスト(国語、地理歴史、公民、数学、外国語)を課します。さらに、国際社会・異文化理解に対する関心、海外での勉学に対する強い意欲並びに外国語に対する適性を確認するため、書類審査(調査書、推薦書、志望理由書)により選抜します。

(4)総合型選抜Ⅰ

 グローバル社会で活躍可能な人材を広く求めます。第1次選抜では、調査書、志望理由書、自己PR書に基づき、グローバル・スタディーズコースでの学修に対する入学志願者の適正や意欲、さらに本人の目的意識等について多面的に評価します。第2次選抜では、第1次選抜合格者に対して、小論文(日本語で作成します。)と面接(口頭試問を含みます。)を実施します。

総合法律コース、地域公共政策コース、経済・マネジメントコース

(1)一般選抜(前期日程)

 高等学校卒業水準の学力と社会科学を学ぶ上で必要となる学力を身に付けた人を選抜するため、大学入学共通テスト(国語、外国語、地理歴史、公民、数学、理科)を課します。個別学力検査等では英語・数学のいずれかを課し、基礎的知識、論理的思考力、表現力を評価します。

(2)一般選抜(後期日程)

 高等学校卒業水準の学力と社会科学を学ぶ上で必要となる学力を身に付けた人を選抜するため、大学入学共通テスト(国語、外国語、地理歴史、公民、数学、理科)を課します。個別学力検査等では小論文を課し、社会科学の課題に関する基礎的知識、理解力、論理的思考力、表現力を評価します。

(3)学校推薦型選抜Ⅰ

 それぞれのコースで学ぶ意欲、在学中の優れた成績・活動実績を有し、社会への深い関心を持った人を選抜するため、書類審査(推薦書、調査書、志望理由書、読書感想文)と面接(口頭試問を含みます。)を課します。協調性を持って倫理的に行動できるか、社会の発展に貢献する意欲があるかについても評価します。

(4)学校推薦型選抜Ⅱ

 社会科学への強い勉学意欲や社会への関心に加え、社会科学を学ぶために必要な基礎学力を有した人物を選抜するため、大学入学共通テストにおける国語、外国語、地理歴史・公民、数学の教科・科目を課し基礎学力を確認します。あわせて、書類審査や面接によって、勉学意欲や社会への関心を確認します。

(5)社会人入試

 調査書・志望理由書等の出願書類及び面接の結果を総合して合否を決定します。面接では、社会的関心と視野の広さ等を評価します。また、社会の発展に貢献する意欲も評価します。

(6)私費外国人留学生入試

 日本の社会に強い関心があり、社会科学を学ぶ意欲を持っている人を選抜するため、日本留学試験と面接(口頭試問を含みます。)を課し、基礎的学力、日本語運用能力、社会に対する関心や問題意識等を総合的に評価します。

大学院社会文化創造研究科入学者の受入れ方針
(アドミッション・ポリシー)

社会文化創造研究科

概要・特色

 社会文化創造研究科は、人文社会科学及び芸術・スポーツ科学の各分野において、高度な専門的知識や技能を涵養するとともに、各分野において地域社会の健全な発展向上に寄与することができる高度専門職業人を養成します。そして、専門的知識や技能を育成するため、世界的な視野から地域における諸課題に積極的に取り組み、分析し、その課題を解決できる能力を持った人材を育成します。そのため、多様な視点や広い視野を獲得して課題解決に積極的に応えていく意欲のある人を、国内外から広く受け入れます。

求める学生像
  • 人文社会科学と芸術・スポーツ科学の各分野における高度な専門的知識と技能を身に付け、実践的な能力を高めたいという意欲と能力を持つ人
  • 今日の国際社会や地域社会の抱える諸課題に対し、積極的に取り組み解決しようとする意欲と能力を有している人

社会文化システムコース

概要・特色

 社会科学及び人文科学に分類される学問領域の垣根を低くし、相互の融合を図りながら、人間の活動を「社会」と「文化」の関係から広く捉える視座に立ち、世界的視野から国家や地域の理解・発展に寄与できる地域創生人材を養成することを目標とし、外国人留学生を積極的に受け入れ、学部卒の進学生、外国人留学生、国内外の社会人等、多様な背景を持った学生どうしの協働や切磋琢磨を通じて課題解決力を高めていく教育の場を整備しています。

求める学生像
  • 社会科学や人文科学に関する基礎的な学力を有し、社会や文化の現象を探究したいと考えている人
  • 人間の活動から生まれる諸問題に強い関心を示し、それらを解決しようとする意欲がある人
  • 専門的知識や技術を活用し応用することによって、グローバル・ローカル双方の視点をもって国際社会や地域社会に貢献しようとしている人

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲