人文社会科学部

人文社会科学部

ホーム > 学部紹介

学部長あいさつ

人文学部から人文社会科学部へ

人文社会科学部長 清塚 邦彦

 人文社会科学部は、人文科学・社会科学の多様な学問分野をカバーする多彩な専任教員を擁する総合学部です。人間や社会に関して多岐にわたる教育研究が活発に行われ、教育力、研究力ともに高水準で充実した内容を誇っています。また、世界的に評価の高い地上絵研究で知られるナスカ研究所をはじめ、映像文化研究所、やまがた地域社会研究所などが附属機関として併設されており、学生は進行中の研究活動や成果に触れることができます。

 平成29年4月に予定している改組では、人文・社会科学の多様な分野について質の高い専門教育の提供に加え、得られた知識を応用し、現実の社会、特に地域社会の中での課題解決へと結びつけるような実践力を養成するため、大きく3つの点で実践力の強化を図っています。

 1つは学生が自ら課題を設定し、その解決を探る課題解決型の演習科目を全コースで実施するという点です。今後は、教室の外に出て地域の企業や自治体とかかわりを持ったり、友人たちとのグループディスカッションを行ったりする機会が大きく増加します。

 もう1つは、文系向けの情報リテラシー教育を充実化して、データ処理・統計学基礎・社会調査法からなる選択必修科目群を整備したことです。

 3点目は外国語教育です。今回の改組では、地域で活躍できるグローバル人材を育成するため、これまで人間文化学科の一部だったグローバル文化学コースを独立させ、社会科学系の教育も織り込んでグローバル・スタディーズコースを立ち上げる予定ですが、それ以外のコースでも、2年次以後の英語科目を従来よりも増設して全体的に英語教育の充実化を図っています。

 他にも細かい点でいろいろな改善が計画されています。とはいえ、大学で学ぶ(また教える)上でのいちばんの基本は、多様な問題意識をもった学生たちと、それを見守りサポートする教員たちとの間での活発なディスカッションにあります。高度な専門教育と今回の実践面・技能面での改革を踏まえつつ、本学部がより活発な知的ディスカッションの場になることを願っています。

2学科制から1学科制へ

1学科制による人文社会科学の総合的な教育

専⾨性を重視しながら、⽂化や社会科学を幅広く学べる学部に変わります。

新学部の特色・養成する人材像

  • 専⾨性を重視しながら、⽂化や社会科学を幅広く学べる学部に変わります。また、専⾨的なことを深く学ぶと同時に、社会⼈として活躍するための基礎的な⼒(英語、情報・統計・調査能⼒、実践的課題解決能⼒)の育成を重視します。
  • 新設する「グローバル・スタディーズコース」では、国際社会や異⽂化に関する深い理解⼒を持つグローバル⼈材の育成を⽬的に、英語その他の⾔語(中・独・仏・露)の運⽤⼒と、多⽂化共⽣に寄与する様々な知識を学ぶことができます。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲